なりたい自分になれる
福岡の美容外科クリニックガイド

後悔しない、福岡の美容外科選び。

施術方法と費用相場(豊胸)

こちらのページでは、シリコンや脂肪注入でバストを大きくする豊胸術や、バストの形を整える施術について、それぞれの施術の特徴、メリットとデメリット、費用相場についてまとめています。

胸を大きくする豊胸手術

代表的な豊胸手術には、シリコンバッグ挿入、脂肪注入、ヒアルロン酸注入があります。それぞれの特徴をみてみましょう。

シリコンバッグ挿入

人工乳腺法とも呼ばれています。液状のものやジェル状のものが入ったシリコン製バッグを、乳腺の真下や大胸筋の下にあるポケットから挿入する方法です。美容外科によっては、プロテーゼ挿入法、インプラントと呼ばれており、バッグを挿入する際には乳房の下、腋の下などを切開しますが、切開位置や挿入位置は美容外科により異なります。

シリコンバッグはサイズが自由に選べ、安定感があります。数ある豊胸術の中でも、思い通りのデザインがしやすい、劇的なバストアップが可能、長期間効果が持続するというメリットがあり、しこりができにくいことも特徴のひとつです。

デメリットとしては、バッグが経年劣化して内容物が漏れてしまったり、傷口から細菌が入り込むというリスクが考えられます。万が一、バッグが破損したら、早急な手術が必要です。

費用の相場は50~120万円となっており、挿入するバッグの種類によって費用が異なります。

脂肪注入豊胸

お腹や太ももなどから脂肪を採取し、その脂肪細胞をバストに注入することです。自分の脂肪を用いるため、見た目や触り心地が自然です。

コンデンスリッチ豊胸やセリューション豊胸などという名で施術を行っているクリニックが多く、異物を身体に入れないため安全性が高く、拒否反応はほとんどありません。また、メスも使用しないため、傷跡もほとんど残らず、ダウンタイムを大幅に短縮できます。

ただし、自分の脂肪細胞を用いるため、採取できる脂肪には限界があり、2カップ以上のバストアップは望めません。また、脂肪は少しずつ体内に吸収されるため、数ヶ月~数年で元に戻ってしまうことも。

費用の目安については、脂肪注入が30~50万円、それに脂肪吸引の費用が加わります。また、クリニックによって料金に大きな差がありますので、カウンセリング時に確認するようにしましょう。

ヒアルロン酸注入

注射器でヒアルロン酸を注入し、バストをアップさせる方法で、プチ豊胸と言われています。ヒアルロン酸は安全性の高い物質であるため、拒絶反応を起こす確率も非常に低く、注射で注入するため傷跡は残らず、アフターケアも不要であることがメリット。注入量は自由自在に決めることも可能ですが、一般的に1.5カップ程度のバストアップが限界と言われています。

ヒアルロン酸の種類により、効果の持続期間は異なりますが、通常は1~3年で体内に吸収され元に戻ります。そのため、定期的な注入が必要で、長い目で見るとまとまった費用がかかり、特に高品質なヒアルロン酸は単価が高めです。

近年は体内に吸収されにくいヒアルロン酸も開発されていますが、このようなヒアルロン酸は体内に吸収されずにシコリとして残るケースもあります。ヒアルロン酸注入の場合、2ml当たり1万円程度が相場となっています。

光豊胸

特殊な光で乳腺を刺激し、バストにハリを与えふくらませる方法です。1回で1サイズのバストアップが可能ですが、持続効果は2ヶ月~3ヶ月と短いため、イベントで胸元が空いた服を着る時などに受けることをおすすめします。5回コースで3万円位が相場です。

形を整えるバスト形成

豊胸以外にも、乳房や乳頭の形の悩みも治療することができます。ここでは豊胸施術以外の手術を紹介します。

乳頭縮小術

乳頭肥大や、妊娠・授乳により伸びてしまった乳首を、小さくする手術。日帰り手術も可能で、費用は片方で15万円程度です。ただし、この手術には高度な技術が必要で、腕の悪い医師の施術を受けると、血流障害や血管損傷を起こすことがあり、乳房全体への血流が変化・悪化し、部分的に胸が壊死することも。

このようなリスクを避けるために、乳房縮小を2段階にわけて行うこともあります。特に、この施術を受ける場合はベテラン医師にお願いしましょう。

乳房つり上げ術

加齢により垂れ下がったバストや、ダイエットでたるんだ乳房を引き上げます。たるんだ皮膚を切除して乳房を整えたり、インプラントや脂肪注入により形を整えたりします。

こちらも医師の技術が未熟であるとトラブルが起こります。乳輪の形状のデザインは難しいため、熟練の医師を選びましょう。 費用の相場は40~50万円です。

乳房縮小術

大きすぎるバストを小さくする手術です。バストが大きいと、肩こりや猫背の原因となりますし、乳房の裏側の皮膚が胸の皮膚とすれあって皮膚炎を起こしやすくなります。

乳房縮小術では、バストを小さくするために脂肪・乳腺と余分な皮膚を取り除きます。その際に、乳輪乳頭の位置を上に移動させるため、傷跡が残る恐れも。結婚・出産予定のある方は、リスクを十分に考えたうえで手術をしましょう。費用の相場は30~120万円。


【ご注意ください】
このサイトは、2015年11月時点での情報をまとめたものです。
基本的には税込価格を記載していますが、別途消費税が必要になる場合もあります。
正確な費用を知りたい方は、直接クリニックにお問い合わせください。
pagetop